パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。
栃木県日光市にある江戸幕府の初代将軍徳川家康(東照大権現)をお祀りしている、日光東照宮。

全国50社近くある東照宮の総本社でもあります。

今回は昭和の大修理から半世紀が経過し、さらに数年間におよぶ平成の大修理が続く、豪華絢爛な日光東照宮をめぐっていきたいと思います。

SPONSOR LINK

日光東照宮へのアクセス・駐車場情報

1.電車でのアクセス
  浅草 ~ 東武日光(特急けごん) : 所要時間 約1時間50分

  浅草 ~ 下今市~東武日光(特急きぬ+各駅停車) : 所要時間 約1時間50分

  浅草 ~ 東武日光(東武鉄道快速) : 所要時間 約2時間5分

  新宿 ~ 東武日光(JR特急日光) : 所要時間 約2時間

  宇都宮 ~ 日光(JR日光線) : 所要時間 約45分

 2.お車でのアクセス
  東北自動車道宇都宮ICから日光宇都宮道路を経て、日光ICで下りる。
  日光ICから2km。

 3.東照宮大駐車場
  (1) 利 用・・・年中無休
  (2) 駐車料(1台/日)
バイク 400円
普通車 600円
マイクロバス 1,200円
大型バス 2,000円
*普通車・・・200台駐車可。
*マイクロバス、大型バス・・・駐車台数に制限あり。7日前までに要予約。土・日・祝祭日は駐車不可。
日光東照宮ホームページ|アクセス・駐車場

パワースポット・日光東照宮のガイド

御祭神・歴史

江戸幕府の初代将軍、徳川家康が江戸の街を形成していく上で相談役、側近として絶大な信頼をおいていた、天台宗の僧侶『天海』。

家康が自身の最期を悟った際、この東照宮の建設を天海に申し出たと言います。

余談ですが、この天海は明智光秀だったのでは?という説もあるくらい、とてもやり手だった僧侶だそうです。

SPONSOR LINK

順路・見どころ

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。
まずは正面の鳥居をくぐると、直ぐ左手に五重塔が見えて参ります。

大きくそびえる塔ですが、200年前に落雷により消失してしまい再建されたもののようです。地震に耐えられる免震構造になっているみたいですね。

三猿

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。

さらに進み第二の鳥居をくぐると、左手に神厩舎の有名な三猿の彫刻が見えてくるのですが、三猿は”見ざる聞かざる言わざる”だけではなく、猿の生涯を人の生涯として見立てた、人の在るべき路を表現しています。

”見ざる聞かざる言わざる”の場面においてはまだ幼少の頃の1コマ(全部で8コマ)で、”余計なことを見聞きしても、言いふらすことなく、まっすぐに育ちなさい”といった意味の表現をしているとも言われています。

このすぐ脇にある日光東照宮、第1のパワースポットがこちら!

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。

わかりづらいかと思いますが、この角の部分”北辰(ほくしん)の道の起点”に立っていただきたいです。

正気が奥宮(家康の墓)から陽明門を通過し、江戸幕府へ突き抜けていくエネルギーが滞留するスポットだそうですよ!

陽明門

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。

そして目の前の鳥居をくぐり、国宝である陽明門(日暮御門)に入っていきます。

この門には12本の柱があるのですが、1本だけ模様が逆さになっている柱があるのです。まさか、、、間違えて取り付けたのでは!?
そうではないんです!

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。

この柱。”完成してしまった後は朽ちていく一方なので、未完成である事によって、途上の段階にする。永遠に朽ちない”という意味を持たせています。
深いですね…

さらに大修理を終えた陽明門は目も開けられないほど、、、?ものすごいギラギラとした存在感を放っています!

眠り猫

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。
そして拝殿で参拝をし、パワーの原点である奥宮へ進んでいきます。

平成の大修理で綺麗に塗り替えられた眠り猫ですが、裏側には何がいるかご存知ですか?

なんとスズメがいるんです。

なぜスズメの天敵である猫が表裏に掘られているのか。

”強いものも弱いものも共存しあって生きている”といった意味もあるようですね。

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。

パワーの発生源である奥宮までの龍道を歩き、階段を登ると、奥宮が見えて参ります。

この奥宮はその昔、大名や将軍しか参拝を許されなかったと言います。

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。
パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。

ここで参拝を行い、家康の墓である宝塔をぐるりと回って行きます。。。が真裏は特にパワーの強いスポットだとされています!

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。

最後のコーナーの叶杉にあるほこらにお願い事をして、おおまかな順路は終了になります。

お守り・御朱印

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。
御朱印の拝受をする場所は、陽明門をくぐってすぐ右にある受付になります。

伺った日は日曜日、朝9時すぎですが、写真のような列をなしています。先にお願いしてから参拝することをオススメいたします。

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。

そしてこちらが、平成の大修理を記念したお守りと「国宝陽明門 平成の大修理完成記念御朱印」です。

通常の御朱印に”国宝陽明門 平成の大修理完成記念 平成二十九年三月”という判子が追加されております。

パワースポット・日光東照宮のアクセス・駐車場情報。

限定の御朱印帳も用意されていましたので、この機会にぜひ拝受してはいかがでしょうか。

こちらのお守りはなんとお香で燻されたもので、とても上品な香りが4年程は続くということで持ち続けていいそうです。金と銀の2色が用意されていました。

まとめ

平成の大修理が着々と進み、この上ない煌びやかな豪華絢爛さを醸し出し、生けるもののあるべき姿など深い意味を施した彫刻など、一時代を築いた将軍一族の威厳の大きさを表している日光東照宮。

ぜひこの機会に訪れてはいかがでしょうか。