パワースポット.jp
香取神宮の要石はパワースポット?アクセスと場所は?

香取神宮の要石はパワースポット?アクセスと場所は?

公開日: 更新日:

香取神宮の要石はパワースポット?アクセスと場所は?

香取神宮は千葉県香取市に鎮座する下総国一宮。「経津主神(ふつぬし)」を祀ります。

経津主神は神話の「国譲り」において、武甕槌神とともに出雲へ派遣され、大国主命と国譲りの交渉を行ない、葦原中国を譲り受けます。

ゆえに、武甕槌神を祀る鹿島神宮と深い関係にあり、香取、鹿島と並び称される存在です。

また、経津主神は剣から生まれ、武甕槌神と並ぶ「武神」とされます。

果たして、剣に纏わる神、経津主神の根源とは。また、武甕槌神との関係とは。そして、最大のパワースポットともされる、「要石」のエナジーとは。

SPONSOR LINK

香取神宮のご霊験と経津主神のパワーの秘密

神話では、伊弉諾尊が軻遇突智を斬った剣から滴る血が、経津主神の祖であるとも、神武東征で武甕槌神が天皇に与えた剣、布都御魂を神格化した神ともされます。

而して、経津主神は「武神」とされます。

中世以降、武家政権から武甕槌神とともに崇敬され、武道第一の神ともされました。

室町期、香取の長威斎は経津主神の啓示を受け、香取神道流を興し、武道を体系化、これより中条流、影久流が生まれ、剣聖、塚原卜伝もこれを修めています。

経津主神のご霊験は勝運守護、勝負必勝。また、国譲りに由来して、交渉ごとを勇気をもってすすめ、目的を達成するパワーを施すとされます。

経津主神の系譜とは。そして、鹿島の武甕槌神との関係とは?

古く、香取神宮は藤原氏の氏神とされました。藤原不比等は香取、鹿島の分霊を奈良に迎えて春日大社を建立、氏神とします。経津主神と武甕槌神は、藤原氏に纏わる眷族神でした。

また、神話では、香取は楫取(舵取り)ともされ、水運を掌る神でもあり、海人との拘わりが指摘されます。

そして、古く、霞ヶ浦、北浦、印旛沼、手賀沼を含む一帯には「香取海」と呼ばれる内海が広がり、その入口を扼する地が香取と鹿島でした。

経津主神と武甕槌神はともに武神、そして、両神宮が恰も、内海の何かを護る「門神」のように、対岸に鎮座することは、興味深いものがあります。

SPONSOR LINK

香取神宮の境内に点在するパワースポット群

鎮座地は「亀甲山」と称する小山、香取の森とも呼ばれる社叢は、聖域にふさわしいパワーを秘めています。

宮の中枢は壮麗な造りの楼門、そして拝殿。元禄13年(1700)に幕府により造営された檜皮葺に黒漆塗の重厚な造り。細緻な彫刻が眼をひきます。

拝殿の横にはご神木の老杉が聳えます。樹齢1000年とされ、強い「気」が流れています。

そして、社叢の中に経津主大神の荒魂を祀る奥宮。その傍に最大のパワースポットとされる「要石」があります。

鹿島神宮のものと並び、強いパワーをもつとされるこの「要石」は、地震を起こす大鯰を抑えるとされます。

が、その背景には「鯰」をトーテムとする民との、氏族の葛藤が生み出した、太古の記憶があるともされます。

香取神宮の要石はパワースポット?アクセスと場所は?まとめ

香取神宮の授与品は、武道の神、香取大明神のご神徳、「体育勝運守」が人気。また、要石に由来した「要石守」、女性に人気の「幸福守」や、恋みくじが付いた「えんむすび守」も好評です。

オリジナルの御朱印帳は、ご神紋の「五七の桐」と彩雲で飾られた格調高い意匠が、おすすめです。

そして、この宮の楽しみ方はパワースポットだけではありません。TBS系のテレビドラマ「流星ワゴン」で、一雄と美代子が夫婦の絆を取り戻したあの神社のロケ地がこの宮でした。

表参道、旧参道あたりは桜の名所、夜桜はライトアップされて、人気のデートスポット。

また、香取名物の「だんご」が人気です。焼だんごや草だんごが、参道の食事処やランチスポットで楽しめます。

香取神宮
主祭神 経津主大神
社格 式内社(名神大)下総国一宮 官幣大社 勅祭社 宮中四方拝の一
創建 神武天皇18年
千葉県香取市香取1697
0478-57-3211
公式HP:香取神宮【公式】
交通
JR「香取駅」徒歩40分
高速バス 東京駅発 関鉄グリーンバス 鉾田駅行「香取神宮前」
車では、東関東自動車道「佐原香取IC」約1.5km