晴明神社はパワースポット?占いやお守りのご利益は?

子供が生まれたら晴明神社で名前を付ける?

京都で最強のパワースポットと言われる晴明神社には、日々、子供の名付けを希望する親御さんが後を絶ちません。

平安時代の陰陽師、阿倍晴明が祀られた晴明神社のあれこれを調べてみました。

今日からあなたも晴明神社通になれるかも!?

SPONSOR LINK

晴明神社はパワースポット?

晴明神社はパワースポット?占いやお守りのご利益は?

晴明神社は、今から1000年程前に陰陽師として京の闇を支配した、と言われる安倍晴明を祀った神社です。

安倍晴明が亡くなった後、晴明公の偉業が大変尊いものであったことや、安倍晴明が稲荷大神の生まれ変わりであるという事で、寛弘4年(1007年)そのみたまを鎮めるために、一条天皇により、創建されました。

数年前の陰陽師ブームが盛んだったころは、映画やテレビなどで盛んに取り上げられていましたね。

現在でもその人気ぶりは衰える事をしらず、いつ訪れても参拝の人が後を絶たないのも晴明神社の大きな特徴です。

効果抜群の魔界封じパワースポット

晴明神社には、不思議な力を持ったスポットが色々あるのです。

  • 晴明が念力で湧き出させた、悪病難病が治るとされる「晴明井」と呼ばれる井戸
  • 魔除け・厄除けの果物とされる桃の形をした「厄除桃」
  • 触れるとご利益があるとされる樹齢300年の「御神木」

古都京都には、多くのパワースポットと呼ばれる神社がありますが、並外れた能力で世の怪異を鎮めたといわれる、安倍晴明を祭神とする晴明神社は圧倒的に他を引き離していますね。

晴明公に祈れば、様々な病気やケガが治り、災いから守ってくれると現在も語り継がれているのです。

SPONSOR LINK

占いやお守りのご利益は?

よく当たると評判の占い

さて、安倍晴明で有名な晴明神社ですが、占いでも大変人気があるんです。

晴明神社の神主さんが占ってくれるそうなのですが、この方霊感があるらしく、しかもよく当たる。

しかも、占い料一人2,000円とリーズナブル。

日によってですが、余りにも待ち人が多い場合は、途中で占いが中止になってしまうほど。遠方から行かれる方などは、早目に出掛けて多少は待つ覚悟で出掛けた方がよさそうですよ。

魔除けに効く星の神紋

晴明神社の神紋である星印は、俗に晴明桔梗印といい、陰陽道に用いる祈祷呪符のひとつです。

天地五行(木・火・土・金・水)を形どり、宇宙万物の除災清浄をあらわしているとされています。

この紋は西洋で魔除けの印とされている五芒星ともかさなり、神秘的なものを感じさせます。

お札の種類は豊富

神札(おふだ)

心願成就・家内安全(神棚や居間に祀る)

方除札(ほうよけふだ)

家を邪気から守る(玄関や鬼門に祀る)

火除札(ひよけふだ)

家を火災から守る(台所や火気を使うところに祀る)

御守り(おまもり)

平穏な日々(身体健全・安産のお守り)

向上守(こうじょうまもり)

営業力・学力をアップ

陰陽守(いんようまもり)

陰(女)陽(男)を結びつける

交通守(こうつうまもり)

交通安全で身を守る

厄除守(やくよけまもり)

桃の力で厄を払う

勝守(かつまもり)

相手に勝つ、自分に勝つ

みずかがみ守(みずかがみまもり)

集中力を高め、災除けとする

魔除けステッカー(まよけすてっかー)

車やバイクなどどこでも貼れる

絵馬(えま)

祈願成就の願いを奉納

各700円(送料込)

遥拝札(ようはいふだ)

遠くにいても参拝できる

清め砂(きよめずな)

土との縁を取り戻す

各1200円(送料込)

ききょうまもり

期間限定 誠実な愛を誓う

700円(送料込)

公式サイト:お守り・お札|晴明神社

御守りは、得られたいご利益から選べます。
遠方など緒事情により、直接の参拝が難しい方へは、一部郵送でも購入する事が出来るそうです。
詳細はこちらをご覧くださいね。

晴明神社のご利益

【厄難退散】【病気平癒】

晴明神社本殿北側には陰陽道の護符である五芒星が刻まれた晴明井があり、
安部晴明の神通力によって湧き出たといわれる“晴明水”があります。
この霊水を飲むと悪病難疾が平癒すると言われています。

【厄除桃】

桃を撫でて祈願すれば、厄除け・開運が授かると言われる厄除桃です。

晴明神社はパワースポット?占いやお守りのご利益は?まとめ

厄除祈願や占いなどで一躍パワースポットとなった「晴明神社」

一度訪れた人は皆一様に、「不思議な感覚を覚えた」「決して広くはないが、醸し出す風格と格調高い気品を感じる」と言われます。

街中の喧騒を離れて、時には心静かに古の安部晴明に思いを馳せる・・・

そんな週末もまたよろしいのではないでしょうか。