太宰府天満宮のお守り効果は縁結び?お土産や御朱印まとめ

太宰府(だざいふ)天満宮は、福岡県太宰府市に鎮座します。

菅原道真(天神さま)を祀り、京都の北野天満宮とともに全国の天満社12,000社の総本宮とされます。

太宰府天満宮は、学問の神さま。年間700万人の参拝客が訪れます。

SPONSOR LINK

菅原道真に纏わる太宰府天満宮の歴史

平安前期の昌泰4年(901年)、右大臣の菅原道真は、藤原時平らの陰謀により大宰府に左遷され、翌々、延喜3年(903年)に生涯を終えます。

由来では、道真公の葬送の牛車がこの地で動かなくなり、それが、道真公の遺志であると考えられ、遺骸をこの地に埋葬したとされます。

その後、都では落雷や疫病の蔓延など、不吉なことが続き、道真公の祟りとされます。そこで、道真公の怨霊を鎮めるために、延喜19年(919年)、道真公の墓所に社殿が建立されました。これが太宰府天満宮の創祀とされます。

中世になり、道真公が優れた学者、文人であったため、学問の神さまとして信仰されるようになりました。

太宰府天満宮の学業上達、受験合格のお守りは受験生必携

学問の神さまのご神徳で、学業上達祈願、受験合格祈願では、特別なお札、お守りが授与されます(初穂料 5000円)。

学業お守りは「学業袋守(初穂料 700円)」と「学業身守(初穂料 1000円)」、そして、ストラップの「学業きんちゃく御守(初穂料 1000円)」があります。それぞれ、色の種類は豊富です。

また、人気の「合格鉛筆」はHBの鉛筆セット。「日々の努力。」「一歩一歩進め。」 など、受験生を応援する言葉が書かれています。

SPONSOR LINK

恋のパワースポット、竈門神社の縁結びお守りが人気

本殿境内への楼門を入ったすぐ右に、竈門神社のお札、お守りの授与所があり、ここの「縁結びお守り」が人気です。

「竈門(かまど)神社」は大宰府の鬼門除け。北東に聳える宝満山の麓に鎮座します。玉依姫命(たまよりひめ)を祀り、縁結びの社として人気を集めています。

この社は春の桜、秋は紅葉の名所として、四季折々に楽しめる癒しのスポット。天満宮より徒歩で30分ほど。時間があれば足を伸ばしてみましょう。

縁結びのご利益を貰って婚活しちゃおう!
→→優良婚活サイトの徹底比較

太宰府天満宮の歩き方。パワースポットが点在します

西鉄電車の太宰府駅から、天満宮へ延びる参道はとても賑やかです。土産物店や梅ヶ枝餅を焼く店が軒を連ね、学問の神さまということで、修学旅行の生徒たちで賑わいます。

境内に入ると鬱蒼とした大楠(くす)の下に、心字池が広がります。3つの朱塗りの橋を渡ると、正面に荘厳な楼門が現れます。

楼門をくぐると本殿。1591年に筑前国守の小早川隆景が建てたもので、桃山期の豪壮な様式。国の重要文化財になっています。

本殿の脇にはご神木の「飛梅」があります。樹齢1000年を超える白梅で、左遷された道真公を慕って、都の屋敷の庭から飛んできたとされます。パワースポットして人気です。

飛梅の伝説に因み、境内には6000本の梅が植えられ、2月、3月のシーズンは観梅客で賑わいます。本殿裏の梅園には茶店が並び、満開の梅の下で梅ヶ枝餅をいただくのが、早春の風物詩になっています。

因みに、天満宮の御朱印は梅のかたち。また、オリジナルの御朱印帳も梅の模様。そういえば神紋も梅鉢と、天満宮は梅づくしです。

また、境内には「御神牛」と呼ばれる牛の像がたくさんあります。身体の悪い人が、御神牛の同じ部分を撫でると良いとされます。御神牛からパワーをいただきましょう。

道真公の葬送の牛の話など、天満宮と牛の関係は深く、牛は天神さまの使いとされます。また、「撫牛(なでうし)信仰」も重なっているといわれます。

太宰府天満宮のお守り効果は縁結び?お土産や御朱印まとめ

2005年、天満宮の裏手に「九州国立博物館」が建設されました。九州を舞台にした歴史系の博物館で、見学の際には天満宮に参拝するのが習わしとなりました。

古く、太宰府は「遠の朝廷」、大宰府政庁の地でした。近くには都府楼跡などの史跡が散在します。天満宮参拝のあとは、太宰府駅のレンタサイクルでの史跡めぐりもおすすめです。

太宰府天満宮
祭神 菅原道真公
社格 官幣中社 別表神社
創建 延喜19年(919年)
福岡県太宰府市宰府4-7-1
092-922-8225
公式HP:太宰府天満宮【公式】
アクセス
西鉄太宰府線「太宰府駅」徒歩5分
車では
九州自動車道「太宰府IC」15分、「筑紫野IC」20分