戸隠神社のパワースポットは滝?中社?奥社?縁結びのお守りとは?

神話の時代から続くパワースポット、戸隠神社。「戸隠そば」のお蕎麦でも有名なこの神社を調べてみました。

SPONSOR LINK

戸隠神社って?

長野県北部、霊山・戸隠山の麓にある、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の5つの神社を総称して戸隠神社と呼んでいます。

その発祥は、天照大神(あまてらすおおみかみ)が、素戔嗚尊(すさのおのみこと)に手を焼いたために岩戸の奥に隠れたという「天の岩戸伝説」まで遡り、戸隠山はこの「天の岩戸」が飛んできて作られたとされています。

このため、5つの神社には天の岩戸伝説にゆかりのある神々が祀られていて、5つすべてを参拝するとバランスのよいパワーがもらえると言われています。

戸隠神社の五社と滝について

天の岩戸をすごい力で開けたとされ、開運、心願成就、五穀豊穣、スポーツ必勝に神徳がある天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)を祀る奥社、岩戸神楽(太々神楽)をという踊りを考え出したとされ、学業成就・商売繁盛・開運・厄除・家内安全に神徳がある天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)を祀る中社、天八意思兼命の子供で学問や演芸、安産、女性や子供の守り神として神徳がある天表春命(あめのうわはるのみこと)を祀る宝光社、心願成就と縁結び、虫歯の神、水の神でもある九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ)を祀る九頭龍社、岩戸の前で舞いを踊った芸能の神、縁結びと火災予防の神である天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祀る火之御子社の五社からなります。

この中で、奥社と中社の境内には小さな滝があります。

静かに心を落ち着けると、滝の流れる音がとても清らかに響き渡ります。

日本人は古来より、滝のような水の流れの中にスピリチュアルなものを感じ取ってきました。

古来の人と同じように、滝からパワーを受け取ってみましょう。

戸隠山に積もる雪や湧水を源流にした滝は、時間を超えて私たちの心に響いてくるようです。

SPONSOR LINK

縁結びのお守りをいただこう

戸隠神社には縁結びのご利益がある神様が祀られているから、もちろん縁結びのお守りも販売されています。

その中でも、中社でしか手に入れられないお守りが人気です。

白い箱に収められた朱色と白色のペアお守り。

金糸で「縁」と「結」の文字が入れられていて、とてもかわいいデザインになっています。

また、火之御子社の奥にある二本の杉の木は「夫婦杉」と呼ばれ、一本の杉の木からふたつの幹が伸び、それぞれがものすごくねじれています。

パワースポットと呼ばれる場所には、気の影響なのか、こういった形でねじれる木がとても多いですが、ふたつの幹がどちらもねじれている状態の夫婦杉はとても珍しいです。

善光寺のパワーを垣間見ることができるスポットですので、こちらもぜひ参拝してみてくださいね。

→→→最強の縁結びサイトとは?~婚活サイト比較ランキング~

自分で引かないおみくじ?

どこの神社にでもあるおみくじ。

どんな吉凶が書いてあるかドキドキしながら引くのが楽しいですが、戸隠神社のおみくじは、なんと自分では引かないおみくじです。

神職さんへ年齢と性別を伝えると、祝詞をあげてからおみくじを引いて持って来てくれるのです。

ふだんよりもちょっと特別な感じがいいですよね。

また、このおみくじは家まで持ち帰るのが大切で、木に結びつけたりはしません。

神様からの大切なメッセージを、毎日の生活へ役立ててみましょう。

戸隠そばの季節は秋!

戸隠神社の周辺には、岩手県のわんこそば、島根県の出雲そばと並んで、日本三大そばのひとつとされる「戸隠そば」のお店がたくさんあります。

古くから信仰の地であったため、修験者が持ち歩く携行用の食べ物として戸隠そばが産まれ、戸隠神社で行われる祭礼のもてなし食として受け継がれたと言われています。

毎年10月下旬ごろから新そばの季節となり、とてもよい香りのそばをいただくことができるので、戸隠神社へ参拝するなら新そばの季節を狙うのもオススメです。

清らかな水に育てられた蕎麦を堪能してみましょう。

戸隠のパワーをお腹の中に貯められるのはウレシイですね。

信仰に守られてきたパワーに触れてみましょう

戸隠神社は神話の時代から信仰が続き、その中で戸隠そばのような食べ物が受け継がれてきました。

信仰があったからこそ、戸隠という文化が続いてきたとも言えます。

途切れることのない滝の流れや樹齢700年を超えるご神木など、長い長い歴史に思いをはせていると、小さな悩みなんて忘れてしまいそうです。

中社と宝光社のまわりには宿坊施設もたくさんあるので、ぜひゆっくり過ごして信仰に守られてきたパワーに触れてみましょう。