パワースポット.jp
屋久島のハートは恋愛に効く?縄文杉や神社と観光について

屋久島のハートは恋愛に効く?縄文杉や神社と観光について


屋久島のハートは恋愛に効く?縄文杉や神社と観光について

「屋久島」は、九州最南端の佐多岬の沖、60kmに浮かぶ島です。

島の中央部には、九州最高峰の宮之浦岳 (1936m) をはじめ、1000mを超す山々が46峰も聳え「洋上のアルプス」とも呼ばれます。

島の殆どが原生の森で、1993年に世界自然遺産に登録されました。樹齢、数千年ともされる縄文杉など、太古の自然が溢れます。

また、自然系パワースポットが散在する屋久島は、島全域が癒しのヒーリングスポットともされます。

そして、宮の浦の地名にみるように、屋久島には神社が多く、古い山岳信仰や、自然崇拝の痕跡を残す信仰の島でもあります。

そんな屋久島の魅力をまとめてみました。

SPONSOR LINK

屋久島のパワーの秘密、森羅万象のエナジーの根源は雨

屋久島は「ひと月に35日も雨が降る。」といわれるほど雨が多く、それが、屋久島のパワーの秘密のようです。水と緑が浄化のエナジーとなり、島全体に溢れています。

雨水は河床を削って谷を広げ、また、苔を育て、深い森をつくって水を循環させます。そして、多雨は杉の木に抗菌性の樹脂を分泌させ、長寿にさせて「屋久杉」を生みました。

屋久島の雨は、殊に、森羅万象のエナジーなのです。

最強の恋愛運スポットはじめ、自然系パワースポットが密集

屋久島のシンボル「縄文杉」は、樹齢3000年~4000年といわれ、屋久島最大のパワースポットとされます。が、縄文杉に会うためには、往復約10時間のトレッキングが必要です。

また、樹齢3000年とされる「ウィルソン株」では、切り株の中から上を見上げると、ハート型の空間から緑の光が差し込みます。ここは、最強の恋愛運上昇のパワースポットとされます。

そのほか「翁杉」や「大王杉」「紀元杉」など、太古の森の住人たちに出会えます。

また、苔(こけ)の谷「白谷雲水峡」は、映画「もののけ姫」の舞台となった神秘の森です。ここでヤクシカに出会えれば、最高のヒーリングでしょう。

そして、屋久島の多雨は多くの滝をつくりました。「大川の滝」は落差88m、水量が豊富で虹がかかり、浄化のスポットとされます。「千尋の滝」は落差60m、巨大な花崗岩の岩盤が壮観です。

SPONSOR LINK

自然遺産の島は神々の島。太古の自然崇拝と神話を繋ぐ神社群

宮之浦の海辺に、彦火火出見命を祀る「益救神社(やくじんじゃ)」が鎮座します。日本最南端の式内社であり、古く、屋久島と種子島が多禰国(たねのくに)と呼ばれた時代は、その一ノ宮でした。

この宮の創建の由緒は不詳。古くは、宮之浦岳、永田岳、栗生岳の三岳の神を祀ったとされ、宮之浦岳山頂に奥宮があり、島内各所に遥拝所が残ります。殊に、太古の自然崇拝を思わせます。

また、この宮は「一品宝球大権現」とも呼ばれ、祭神が龍宮城より、宝珠を持ち帰った故事に依るといわれます。祭神の彦火火出見命は、海幸山幸神話で海神の宮、龍宮に赴いた「山幸彦」です。

屋久島はコバルトブルーの海岸から山が始まり、九州最高峰を立ち上げる特異な地形。殊に、海幸山幸神話の世界です。

そして、伊邪那岐命、伊邪那美命を祀る「屋久島大社」や、火須勢理命を祀る火ノ上山の「川向神社」。山と海の大神、大山祇命を祀る「船行神社」。三岳の一、栗生岳の神を祀る「栗生神社」。岩窟を社地とする「八筈嶽神社」など、屋久島には特異な神社群が鎮座します。

日本書紀に、田部連を掖玖(やく、屋久島)に遣わしたと記され、古代の南西航路における屋久島の重要性が語られています。

屋久島は古くより知られた「神々の島」でもあったようです。

屋久島のハートは恋愛に効く?縄文杉や神社と観光についてまとめ

屋久島は、誰もが一度は行ってみたいと思う島だといわれます。

屋久島の気候は、亜熱帯から亜寒帯のものまで。それは、九州から北海道までの気候が見られるということ。殊に、屋久島は奇跡の島なのです。

多くの旅行会社が屋久島のツアーを企画しています。が、殆どは往復の交通機関と宿泊のみのフリープランです。

屋久島のパワースポット巡りは「現地オプショナルツアー」がおすすめです。 縄文杉、ウィルソン株へのトレッキングや、白谷雲水峡をセットしたもの、宮之浦岳登山や屋久島一周など、コースは多彩です。

屋久島
鹿児島県熊毛郡屋久島町
屋久島観光協会:(公社) 屋久島観光協会 Official Website
宮之浦案内所 0997-42-1019

アクセス
(空路)鹿児島空港、福岡空港、大阪国際空港(日本エアコミューター)→屋久島空港
(高速船)鹿児島港→宮之浦港または安房港
(フェリー)鹿児島港または谷山港→宮之浦港

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。