パワースポット.jp
世界遺産、白神山地の森は世界最大級のヒーリングスポット

世界遺産、白神山地の森は世界最大級のヒーリングスポット

白神(しらかみ)山地は青森と秋田の県境に広がる標高1,000m級の広大な山地。

人の手が加えられていないブナ原生林が、世界最大級の規模で広がっています。

ブナは日本の自然林を代表する落葉広葉樹。

樹皮は灰白色で、高さ30mほどにもなり、その美しい姿から「森の女王」と呼ばれます。

実はカロリーが高く、森の動物たちの格好の食料となり、ブナの森は豊かな生態系を育むことで「母なる森」とも呼ばれます。

白神山地のブナ原生林は8千年前に誕生したといわれ、若木から樹齢数百年とされる巨木、倒壊して朽ちた老木など、原生的なブナのあらゆる形態が見られます。

また、ツキノワグマ、ニホンザル、クマゲラ、イヌワシなど多くの動物が生息して、貴重な生態系が保たれています。

白神山地の広大なブナ原生林が人の手が加えられず、自然のままの生態系が守られていることが評価され、平成5年(1993年)、屋久島とともに日本で初めてユネスコ世界自然遺産に登録されています。

SPONSOR LINK

ブナの森はヒーリングエネルギーが満ちたパワースポット!

森林の国、北欧のフィンランドでは、森は神聖な空間で、森の精霊、「タピオ」が祝福を与えてくれるとされます。

オーストラリアの先住民、アボリジニは「森を大切にしていれば、永遠に生きることができる。」と信じています。

森は人間の叡智が及ばない神秘の空間、殊に異界。そこにはネイチャーエネルギーが満ちあふれています。

木々が発するパワー(木霊)はヒーリングエネルギーとされます。

ヒーリングエネルギーとは癒しのパワー(気)。心理的な安心感を与え、気持ちをリラックスさせます。

木々からは「フィトンチッド」と呼ばれる物質が発せられています。

殺菌力を持つ揮発性物質で、森林の香りの成分であるともされます。

森林浴とはフィトンチッドに接して健康を維持する方法。

癒しや安らぎを与える効果が大きいとされます。

そして、回復する力をもつとされます。

人の身体には自然治癒力があります。

カウンセラーが音楽療法などの癒しのちからで、自然治癒力を高めようとするように、ブナの森のヒーリングエネルギーは人がもつ回復する力を高めます。

ブナの森に漂ようパワー(木霊)の中で、大きく深呼吸をしましょう。

また、ブナの木に直接、触れて、回復する力、ヒーリングエネルギーをいただきましょう。

そして、ブナの森は水を大量に蓄えることから、「緑のダム」とも呼ばれます。

落ち葉が積もったブナの森の地面はスポンジのように雨や雪の水分をたっぷりと蓄えます。

さらに、その土壌がろ過装置となって、透明無垢な水を湧き出させます。

清浄な水は浄化のパワーが強く、心身を浄化してくれます。

世界最大級とされる手つかずのブナ原生林が広がる白神山地は、木々のパワー(木霊)と水の浄化エネルギーが蓄えられた未曾有のパワースポット。

SPONSOR LINK

トレッキングの基点・白神山地ビジターセンター

白神山地の北、青森県西目屋村に「白神山地ビジターセンター」があります。

ここは白神山地を理解するための施設、ブナ原生林の生態系を学び、巨大スクリーンで白神山地の四季を楽しめます。

イベントも開催され、トレッキングやバードウォッチングなどのアクティビティが手軽に楽しめます。

白神山地の自然を守るため、世界遺産登録地域への入山は禁止されています。

白神山地を体感するには、登録地域に隣接するトレッキングコースを楽しみます。

西目屋村の白神山地ビジターセンターから津軽峠へと延びる山岳道路、白神ライン(県道28号線、冬期閉鎖)の途中に「アクアグリーンビレッジANMON」があります。

ここを基点に、暗門の滝周辺のブナの森をトレッキングするコースがあり、ガイド付きのトレッキングもできます。

また樹齢400年とされるブナの巨木、「マザーツリー」と出会い、向白神岳や天狗岳など世界遺産登録地域の山々を眺望する津軽峠のトレッキングコースも人気です。

くろもり館

世界遺産、白神山地の森は世界最大級のヒーリングスポット

JR五能線の鰺ヶ沢駅から車で30分ほどの山間に総合案内休憩所「くろもり館」があります。

ここは「白神の森 遊山道(ミニ白神)」と呼ばれるブナ原生林のトレッキングコースやガイドツアーの拠点です。

白神の森 遊山道には2~3時間ほどでブナの森を満喫できる手軽なトレッキングコースがいくつかあり、人気を集めています。

また、コース各所には聴診器が置かれており、ブナの木の音を聴くことができます。

白神山地世界遺産センター藤里館

世界遺産、白神山地の森は世界最大級のヒーリングスポット

秋田県側から白神山地を楽しむには、秋田県山本郡の藤里町が便利です。

藤里町から釣瓶落峠を越えて青森県の西目屋村へ至る県道317号線を北上すると湯ノ沢温泉に「白神山地世界遺産センター藤里館 」があります。

ここは白神山地の自然学習、情報施設。自然アドバイザーが常駐して、自然観察会などのイベントも開催されています。

トレッキングコースはここから10数kmほど山間の「岳岱(だけだい)自然観察教育林」がおすすめです。

岳岱自然観察教育林は樹齢400年ともされるブナの巨木をシンボルとした森。

ブナの巨木や巨岩を縫うようにトレッキングコースが延びて、白神山地の大自然を満喫できます。

また、藤里町の「小岳(こだけ)」は白神山地を一望する絶景ポイントとして知られます。

十二湖の神秘・青池

世界遺産、白神山地の森は世界最大級のヒーリングスポット

白神山地の西端、青森県西津軽郡深浦町の「十二湖」はブナ原生林の中に大小33の湖沼が点在する人気のスポットです。

とくに青池は人気のパワースポット。

森の中に鮮やかなコバルトブルーの池が佇み、透明な湖水に倒木が沈むさまは神秘的。

この神秘の池にはブナの森のヒーリングエネルギーと水の浄化パワーが蓄えられています。

映画「もののけ姫」で、傷を癒すためにアシタカの身体を浸けた、シシガミの森の池を彷彿とさせます。

十二湖の中心部には「十二湖ビジターセンター」があり、生態系の展示やジオラマで十二湖を紹介しています。

冬期の白神山地は半年近くも深い雪に覆われます。したがって、これらの施設やトレッキングコースは冬期(12月~3月頃)には閉鎖されます。

まとめ 日本初のユネスコ世界自然遺産、白神山地の誕生秘話!

1970年代、ブナの木は楽器の材料などとして活用されるようになり、白神山地のブナ原生林にも伐採計画が持ち上がります。

そして開発のため、白神山地を縦断して青森県側と秋田県側を結ぶ林道が計画され、工事が始まります。

が、青森、秋田両県で自然保護を訴え、林道の建設に反対する人々の運動が時を同じくして起きます。

やがて、彼らの署名活動などが全国的にも広がり、ついには行政を動かして林道建設の中止が決定します。

そして、白神山地の自然保護に向けて、行政の整備が進みます。

それがきっかけとなって、平成4年(1992年)、白神山地は環境省の自然環境保全地域に指定され、平成5年(1993年)には、日本で初めてユネスコ世界自然遺産に登録されます。

白神山地のブナ原生林は、自然保護を訴えて立ちあがった先人たちの働きによって、守られたもの。

わたしたちには、彼らが守ってくれたこのネィチャーエネルギーの聖地を、後世に引継いでゆく責任があります。

白神山地ビジターセンター
青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61-1
アクセス:JR東北本線「弘前駅」からバス50分「西目屋村役場」徒歩5分、または車40分
公式サイト:白神山地ビジターセンター|世界自然遺産 白神山地

白神の森 遊山道(くろもり館)
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町深谷町矢倉山1-26
アクセス:JR五能線「鰺ヶ沢駅」からシャトルバスまたは車30分
公式サイト:白神の森 遊山道 公式サイト

白神山地世界遺産センター藤里館
秋田県山本郡藤里町藤琴字里栗63
アクセス:JR奥羽本線「二ツ井駅」からバス30分「湯ノ沢」徒歩すぐ、または車20分
公式サイト:藤里館|白神山地世界遺産センター

十二湖ビジターセンター
青森県西津軽郡深浦町松神山国有林内
アクセス:JR五能線「十二湖駅」からバス奥十二湖行(4~11月運行)10分「十二湖ビジターセンター前」徒歩すぐ
参考サイト:十二湖ビジターセンター|十二湖