箱根神社へ行こう!太古の昔からの由緒あるパワースポット

数多くの武将たちに崇められた由緒ある箱根神社は、今から2400年も前に「聖占(しょうせん)上人」と呼ばれた仙人が、古くから神様の山と祀られていた箱根の「神山(かみやま)」を御神山(=神が宿る山)として、隣の「駒ヶ岳(こまがたけ)」の山頂から祀ったことがはじまりとされています。

その後、757年に「箱根大神様」からのお告げを聞いた万巻上人(まんがんじょうにん)によって、現在の場所に里宮(=山頂にある山宮に対し里にある宮のこと)が建立されました。

御祭神はその「箱根大神様」であられる「瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)」、「木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)」、「彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)」の3柱です。

SPONSOR LINK

パワースポットとしての箱根神社の御利益は絶大

パワースポット箱根神社は心願成就に開運厄除け

平安時代になって時の武将の坂上田村麻呂が、東北の地の静定(=鎮めおさめること)を祈願すると、後にその願いが叶うこととなりました。

その逸話に代表されるように源頼朝や徳川家康、近現代の政治家など、時の成功者たちの箱根神社崇拝は、時代を問わず静かに受け継がれてきました。

古くは「箱根権現(ごんげん=仏様が民衆を救うために仮の姿でこの世にあらわれたもの)」と呼ばれていただけあって、神様と人々の距離とがとても近いことが特徴の神社です。

つまり願い事や安全を祈願する人々の声が神様に届きやすく、「心願成就」や「開運厄除け」、また箱根路が開かれた平安の時からの旅の「安全祈願」などで高いご利益があるとされ、日本有数のパワースポットといわれています。

私も何度も参拝しましたが、ふっと時空が違うかのような空気に、多くの人が「神」やそれに近い何かを感じることができる神社です。

九頭龍神社は縁結びの開運神社

箱根神社へ行こう!太古の昔からの由緒あるパワースポット

九頭龍(くずりゅう)神社は2つあり、その内1つは箱根神社の境内に新宮としてあります。

駒ヶ岳の麓にある芦ノ湖に住み着き人々を困らせていた九つの頭をもつ龍(一部には金龍と青龍といわれる)を万巻上人が改心させ、龍神として手厚く祀ったのが「九頭龍神社」といわれています。

龍神様は水を司る神様で、そのありがたいご利益は農耕や海の生産に関する神に通じるという伝説から「商売繁盛」や「金運守護」のほか、「縁結び」など「よろずの開運の神」として知られています。

今でも毎月13日には例祭が行われ、恋愛成就や開運祈願をする人々でにぎわいます。

九頭龍神社は芦ノ湖畔にひっそりと鎮座されているのですが、その湖畔には左鵲王(さじゃくおう)と右鵲王(うじゃくおう)と呼ばれる神々と共に祀られていた、白い龍「白和龍王(しろわりゅうおう)」を祀った「白龍神社」と、天女と弁天様が習合されたといわれる「弁財天社」もあり、いずれも「縁結び」や「家内盛隆」「福徳」の神として信仰されています。

お守りは九頭龍神社・箱根元宮のものも拝受できる

箱根神社の開運お守りはもちろんのこと、箱根神社の奥宮とされる駒ヶ岳山頂の拝殿「箱根元宮」と九頭龍神社のお守りも、箱根神社で拝受することができます。

また、箱根神社内に新たに建立された「九頭龍神社新宮」では龍神様からの恵みの湧水「龍神水」を拝受することができます。

参拝時に口に含めば「心身の浄化」、持ち帰り用に販売されている霊水を祀れば「家内清浄・家内安泰」などのご利益があるとされています。

いずれも昔からの霊場とされるとても強いパワースポットなので、きちんとお参りされたあとには、それぞれのお守りを拝受するのも良いかもしれません。

なお、お守りをいくつも持つと神様が喧嘩するという伝説がありますが、謙虚な気持ちで拝受しそれぞれを大切にしていれば高徳な神様が喧嘩することはありません。

必要以上にもつことはありませんが、そのご加護を授かりたいときには安心して賜りましょう。

御朱印も三種類いただける

御朱印も三種いただけます。

1つはもちろん箱根神社ですが、九頭龍神社と箱根七福神の中の「恵比寿神」の御朱印が拝受できます。

御朱印はスタンプラリーではないので、それを拝受する際には、必ずその神様をお参りをした後にいただくことがルールです。

湖畔の九頭龍神社まで行かれなくても箱根神社内にある九頭龍神社新宮にお参りすれば大丈夫です。

こちらの新宮も先にご紹介した霊水が湧き出るなど非常に良い気に包まれたパワースポットなので、箱根神社へ参拝される際には、ぜひ足を運ばれることをおすすめします。

SPONSOR LINK

彼女と家族と友達と!今度のプチ旅行・日帰りデートは箱根に決めた!

箱根神社へ行こう!電車のアクセスと最寄り駅

東京方面からであればJR「小田原」駅で下車し、バス「元箱根・箱根町」行きで1時間ほどのところにある「元箱根(もとはこね)」で下車します。

そこから徒歩10分ほどで箱根神社に着きます。

大阪方面からであれば「熱海」駅まで電車で向かい「元箱根」行のバスに乗り60分ほどで「元箱根」につきます。

その他のルートもありますから、実際に利用する際には最新情報と合わせて必ず事前にご確認ください。

公式サイト:箱根神社HP 横壁03

※小田原駅~元箱根・箱根町間が乗り降り自由の1日乗車券ですがおすすめです!小田原から箱根町を往復するだけでもお得なので日帰り旅行にはうってつけです。
箱根旧街道・1号線きっぷ|箱根登山バス箱根旧街道・1号線きっぷ|箱根登山バス

※箱根フリーパスなら2日券、3日券もあります。
箱根フリーパスとは | 箱根フリーパス | 箱根ナビ

日帰り旅も楽しい!ランチを楽しむおすすめレストランとカフェ

いろいろなレストラン情報は巷にあふれているので、ここでは地元神奈川県民たちの間でも人気のお店で、旅の途中に一度は寄ってみたい風情あるおすすめのお店をご紹介します。

■甘酒茶屋
浮世絵にも出てくる箱根旧街道(東海道)に江戸の初期に創業した「甘酒茶屋」があります。時代劇やアニメ・忍たま乱太郎でみたような外観のお店で、昔ながらの製法で作られたノンアルコールの甘酒(麹で作られている)と力餅を食べながら、江戸の旅人に思いをはせるひと時はこのお店でしか味わえません。
箱根 二子山 甘酒茶屋【公式】サイトへようこそ
■富士屋ホテル
旧御用邸の1室を持つ富士屋ホテルにはチャップリンやヘレンケラーといった歴史上の人物も実際に宿泊しました。このホテルでは日帰りランチプランを実施しています。当時の雰囲気をそのまま残したホテルでのランチは、自分がセレブになった気分で楽しめるので、女子会や彼女とのデートにおすすめです。
日帰り・ランチ | 箱根・宮ノ下富士屋ホテル
※営業時間や休みなどは各レストランにご確認ください。

箱根のパワーと歴史を歩いて楽しもう!

車でさっと通り過ぎてしまいがちですが、浮世絵そのままの旧街道は本当に歴史がストップしたようなエリアで、今にも横から駕籠(かご)屋さんが走り抜けていくような独特の空気感をもっています。

この神秘的なパワーにあなたもふれてみませんか。

■畑宿めぐり(江戸の歴史やパワーをそのままに残したスポットが楽しめます)
畑宿がいどマップ
箱根七福神めぐり(まさにご利益あり!の七福神めぐりです)
箱根の七福神めぐり特集ページ|箱根の温泉・旅館・ホテル 公式ガイド「箱ぴた」

いつかは彼女と彼と…箱根神社で結婚式

こんなに由緒正しい箱根神社での結婚式なんて、さぞや高いだろうと思いますが、本来あるべき純粋な「結婚の儀」ということで、結婚式の初穂料は5万円です。

両家だけ、二人だけの結婚式や結婚の前の「結納式」も受け付けてくださいます。

結婚式場などの営業的な言葉に惑わされずに、神様の前で本当に自分たちのための結婚式をしたいのなら箱根神社に相談してみましょう。

もちろん、親戚を呼んで白無垢を着るという従来型の結婚式についても、近くの富士屋ホテルやプリンスホテルなどの「箱根神社で挙式プラン」を利用すれば可能です。

大変おごそかな結婚式として有名です。

まとめ 箱根のパワーに包まれよう

箱根神社の起源は、まさに紀元前という驚きの歴史があることをお伝えしましたが、今も昔も人々を魅了し続ける箱根というスポットには言葉では表せない神様のパワーが宿っていると思えてなりません。

疲れた時、大切な人との思い出に、箱根神社のパワーがあなたをそっと包み込んでくれることでしょう。