大神神社・三輪山の登山所要時間は?縁結びお守りとご利益まとめ

大神神社(おおみわじんじゃ)は、奈良県桜井市三輪にある大和国一宮。三輪山(467m)をご神体として、その麓に鎮座します。

祭神の大物主神は、出雲の大国主神の和魂(にぎたま)。自らの意思で、三輪山に鎮座したと伝わります。

大神神社は、日本最古の神社ともされ、本殿は無く、拝殿から神体山、三輪山を拝する形式。原始神道の姿を残すとされます。

そんな不思議の宮、大神神社の謎を探ります。

SPONSOR LINK

神さびたパワースポット、大神神社の歩き方

二ノ鳥居から参道に入ると、厳かな空気感が漂います。

途中、参道の左手に「夫婦岩」。ふたつの大石が寄り添って、夫婦円満のご利益があるとされます。

拝殿への石段を上がると、三輪山からの「気」が流れ込み、パワースポット感が溢れています。

拝殿は重厚な佇まい。寛文4年(1664)、徳川家綱公によって造営されたもので、国の重要文化財。拝殿の奥の「三ツ鳥居」から神体山を拝します。

拝殿の傍には、ご神木の「巳の神杉」が聳えます。樹齢500年とされ、強いパワーが漲っています。

大神神社には40以上の摂末社があります。拝殿の左手の「磐座神社」は、磐座(いわくら) を神座として少彦名神を祀ります。

その奥の「狭井神社(さいじんじゃ) 」は病気平癒、身体健康のご神徳。拝殿の傍に「薬井戸」があり、万病に効くとされるご神水が湧いています。

大神神社から北へ、山の辺の道を20分ほど歩くと「檜原神社」が鎮座します。境内には玉砂利が敷かれて、神聖な空気感が漂います。

この宮は、古く、宮中に鎮座していた天照大神の神霊を遷した「倭笠縫邑(やまとかさぬいむら)」の地。天照大神はここから各地を巡幸し、伊勢神宮に鎮座します。

SPONSOR LINK

悠久のパワースポット、神体山、三輪山の謎

大神神社・三輪山の登山所要時間は?縁結びお守りとご利益まとめ

記紀神話では、大国主神は少彦名神(すくなひこなのかみ)とともに国造りをしていましたが、少彦名神は常世に帰ります。

大国主神が困っていると、大国主神の幸魂奇魂(和魂)である「大物主神」が現れて、自身を大和の御諸山(三輪山)に祀れば、国造りに協力しようと述べます。

三輪山は奈良盆地の神奈備ともされます。原生の森に覆われて、聖域にふさわしいパワーを秘めています。

かつては登山禁止でしたが、登山口の狭井神社に申込み、お祓いをして貰えば登拝できます。受付時間は14時まで、所要時間は往復2時間ほど。飲食や撮影は禁止されています。

山中には神霊が鎮まる磐座が散在するとされ、軽い気持ちで登らないほうがよさそうです。服装もそれなりに。

古い縁起では、山頂の磐座に大物主神、中腹の磐座には大己貴神、麓の磐座には少彦名神が鎮まるとされ、一木一草に至るまで神が宿るとされています。

大物主神は万能の神。大神神社のご利益は多様

大物主神は国造りの神、国家の守護神ともされ、すべての民に幸福を施すご神徳をもつとされます。また、酒の神としても有名です。

そして、大物主神は出雲大社の大国主神と同一神、「縁結び」の神でもあり、伝承において「蛇」の化身とされることで、金運アップのご神徳をも持ちます。

また、祭神のひとり、少彦名神は薬の神様。健康運アップのご利益があります。大神神社のご神徳は多様です。

大神神社のお守りは、安産守(初穂料700円)、交通安全守(初穂料700円から)。また、うさぎ絵の「縁結び祈願絵馬」(初穂料500円)などが人気です。

神符、お守りはご参拝が難しい方や、遠方でお急ぎの方など、ご本人、ご家族のご連絡に限り、郵送が可能です。お申し込みは下記「社務所」まで。

大神神社・三輪山の登山所要時間は?縁結びお守りとご利益まとめ

三輪山の北西麓、檜原神社の下手あたりは「箸墓」をはじめとする初期古墳が密集し、傍の纏向遺跡(まきむくいせき)は、3世紀に始まる初期大和政権に拘わる都市遺跡とされます。

殊に、国の曙(あけぼの)の地とされ、「邪馬台国」の最大の候補地ともいわれます。

日本最初の巨大墳墓とされる「箸墓」には、三輪山の大物主神と倭迹迹日百襲姫命(モモソヒメ)の伝承が残され、国の曙における三輪山や大神神社の信仰の拘わりが、指摘されています。

大神神社
主祭神 大物主大神
社格 式内社 名神大 大和国一宮 二十二社(中七社)官幣大社 別表神社
創建 不詳
奈良県桜井市三輪1422
0744-42-6633(社務所)
公式HP:【公式】三輪明神 大神神社 (おおみわじんじゃ)
アクセス
JR桜井線「三輪駅」徒歩5分
近鉄「桜井駅」シャトルバス 20分
車では
西名阪自動車道「天理IC」20分
無料駐車場有